慢性的なストレスを防ぐためには!?何より大切なのは自覚すること


初期の段階でストレスを解消することが大事

ストレスというのは溜まれば溜まるほど、解消が大変になります。だからこそ初期の段階で対処し、重症化を防ぐことが重要になります。初期の段階で気づくのは難しいですが、体調やこころの変化に気づいたときはストレスが影響している可能性が高いと考えてみましょう。なぜかイライラすることが増えた、胃がキリキリとする、疲れているのに眠れない、などの自覚症状があるときは要注意です。人はストレスに慣れてしまう性質があり、常にストレスにさらされる状態が続くと、ストレス過多の状況に気づけなくなってきます。ストレスに慣れないためには心身の変化に敏感になっておき、異変に気づいたら早急にストレス対策をすることが大切です。何も対策をせずに放置すると、自分の力だけでは対応できなくなる場合があります。

ストレスを長期化させると面倒なことに

昨日までは心身ともに元気だったのに、今日になって急に精神疾患に悩まされている、といった状況はまず起こりません。精神疾患の多くはストレスの積み重ねによって引き起こされているからです。それゆえストレスをこまめに解消させていけば、あまり気にする必要はないでしょう。一方で解消せずに蓄積されていく状況は危険であり、こころを追い詰めることになりかねません。ストレスを長期化させないためには、ストレス過多の状況が1~2か月以上などと長期的に続くようになったら、精神科や心療内科などで受診してみましょう。ストレスを解消させるためには、なぜストレスが生まれているのか原因を特定する必要があるからです。

品川の心療内科は駅近に多くあるので、アクセスしやすいのが特徴です。心が疲れていると体にも影響するため、立地により通いやすくなります。